………………………

………………………

………………………

………………………

………………………

………………………


PICARDはシーズンを問わずヨーロッパのファッション誌に毎日のように掲載されています。日本でも『家庭画報』で何度も特集され反響を頂いております。

………………………

………………………

………………………
PICARDWEB本店

当店ではPICARD社の『正規輸入品』のみ取り扱っております。

当店では、日本で唯一の正規輸入総代理店である株式会社バルコスの取扱品のみご紹介しております。正規でない、並行輸入品も多く出回っておりますが、ご購入後の修理等、アフターケアを受けられるのは、正規輸入品のみとなりますので、ご注意くださいませ。

………………………
-全商品一覧
-リュックサック
-ポシェット
-ショルダーバッグ
-財布・小物
………………………

………………………

………………………

………………………

………………………

………………………

■その他
よくあるご質問

特集|型押しの世界

PICARDインポートバッグ

まず革を見て、その革を活かすデザインをメインに考えてバッグやお財布を仕立てきたPICARD。
今回は、そんな数あるレザーを扱ってきた中から、「型押し」に注目してお話したいと思います。

型押しの魅力の一つが、しなやかさや柔らかさといった素材それぞれの質感をいかしながら様々な模様のレザーを仕上げられることだと思います。
例えば、パイソンやクロコダイルといったエレガントな印象を楽しみつつ、牛革ならではのしなやかな使い心地でデイリーユースに適したアイテムを作れることだったり、薄く軽やかに仕上げた素材に独特の表情を加えスパイスを効かせることができたり。素材と加工の組み合わせ次第で多様なバリエーションが生まれます。

また、その加工の過程において熱や圧力を加えることにより、革がぐっと引き締まり、傷がつきにくく目立ちづらくなるなどのメリットもあります。

型押しの工程を少しではありますがご紹介いたします。 型押しならではの機能性とデザイン性を兼ね備えた特徴を感じて頂ければ幸いです。


型押しの“深さ”で変わるレザーの表情

一般的に、レザーに型押しを施すのは、「なめし」「染色」などの工程等が終わった後。
艶出しやアイロンがけなど、革の美しさをさらに引き出すための最終仕上げの工程で行われます。 「ハイドリックアイロン」や「ハイドリックマシン」と呼ばれる機械で革に熱や圧力を加えながら模様を付けていきます。この工程で使用する金型を使い分けることで様々な表情のレザーが生まれます。

また、描かれた模様だけでなく、その型押しの深さによってもレザーの質感は大きく変わります。模様をよりはっきりと見せたい場合には、型押しを深く施していく必要があります。
そうなると必然的に素材の厚みが必要になったり、加工の際にかける温度や圧力がより高くなったりとレザーが全体的に硬くなる傾向にあります。 逆に、穏やかな型押しでは、型押しのニュアンスを感じさせながら、柔らかさや軽さを持ったレザーを仕上げることができます。

濃淡を出しながら柔らかい、上品なクロコタッチレザー
― PICRD claudia(クラウディア)シリーズ

PICARDの日本限定モデルclaudia(クラウディア)シリーズには、艶の上品なクロコ型押しレザーが使われています。

型押しを施すことで、旅先のカジュアルな装いだけでなく、ジャケットを羽織りたくなるような特別なワンシーンにもマッチする。
人に触れる面積が広いリュックやバッグだから、コシがあるのに手にしっとりと吸い付くような柔らかな肌触りを大切にして。

少し抑えた控えめなクロコダイルの型押しは、上品な印象を与えるとともに、デイリーユースで使うための強度や指先でつまめるほどの柔らかさ、肩にかけたときの軽さ、など素材の特性をより引き出せるよう考えられています。